« 耳のリハビリ・・和文CW | トップページ | ローテーターの分解メンテ(その2) »

2009年9月27日 (日)

ローテーターの分解メンテ(その1)

Rota1 かつてから、ローテーターの動きが悪くなっており、タワー建築から20年以上ノーメンテなので、取り外してメンテナンスする必要があると思っていました。

ネットを調べると、自分で分解し、メンテやっている例もあるようで、その大半が「グリスの劣化」なので、何とかなるだろうという軽い考えから自分でやることとしました。
ローターは、エモトの 1105MX です。


Rota2 取り付けボルトに電蝕が起こっているので、緩めるのに苦労しました。後で述べるハンマーで叩く方法で。
 50MHz 9エレとTA-33が乗っかっているので、結構重いですが、なんとか取り外しに成功しました。
 写真は、ロープで釣り降ろす時のもの。一人作業なんで、この撮影、気合が入りまっせぇ。


Rota3 タワーから取り外す時もそうなんですが、一応、CRC556を吹き付けておきました。


Rota4 腕の力だけじゃ絶対に回ってくれません。力を入れすぎると、ボルトの頭を捩じ切ってしまいそう。だから、このようにプラスチックハンマーで軽く叩くと、回ってくれます。

分解に当たっては、一応マジックインキで、合わせ線を付けておきました。


Rota5 中を空けた様子。やはり、グリスが劣化して硬くてネトネト状態。これでは回りません。

ボールも完全にくっつていてしまっています。


Rota7  メインギヤ。これも、固着してしまってます。モーター軸も全く回りません。ちょっとグリス入れすぎにも思うのですが・・・。


Rota8 灯油で洗浄している状況。実は、ここにたどり着くのがかなり大変でした。このローターは、中身のメンテナンス性が良くなく、ギヤを洗浄するべく分解するためには、どうしても配線を外す(半田付けを取る)必要があり、かなりめんどうです。また、内部のボルトやネジを緩めるために、手が劣化したグリスでベトベトになり、それを取り除くのも大変です。

ちゃんと、元に戻すことができるかも不安。ここまで来たらやるしかないけど、費やす時間、工具の準備、そして分解手順の理解などを考えるとメーカーへメンテ依頼した方が得策じゃないかと思います。

さて、ちゃんと戻るかな。もしダメだったら出費が痛い!!

|

« 耳のリハビリ・・和文CW | トップページ | ローテーターの分解メンテ(その2) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

アンテナ、タワー」カテゴリの記事

コメント

おっ、てことは復活の日もちかいですな。

投稿: JF3LOP | 2009年9月28日 (月) 00時10分

いやいや、これが修復できたとしても、同軸ケーブルの交換とか(たぶん水が入っているでしょう)いろいろあるので、まだまだです。

しかし、こいつのメンテは大変です。会社帰りにちょっと触ってきましたが、灯油は泥んこ状態になって手は灯油臭く、えらいもんに手をだしたって感じです。オートバイのエンジンを分解するのが好きな方なら、こういうの得意なんでしょうけど。

投稿: JF3DRI | 2009年9月28日 (月) 21時12分

アンテナを上げたままローテータを交換されたいるのでしょうか。そんなはずないか。そういえばうちも今のタワーを建てた時にTA-33を使っていました。15年くらいでエレメントを止めてあるインシュレータがひび割れていまして、メーカから部品を取り寄せ交換しました。

投稿: JF3LOP | 2009年9月29日 (火) 00時39分

アンテナは、そのままで、ローター取り外しですよ。アンテナまで降ろしてメンテとなると、一人ではできないかもしれません。やるとしても、数日は掛かるでしょう。
ここに過去のアンテナメンテ記事があります。

そうそう、同じくインシュレータが壊れています。それも課題。アンテナは30年使っているAS-33ですけど。

投稿: JF3DRI | 2009年9月29日 (火) 21時17分

どうやってローテーターを抜いたのでしょうか?マストをつり上げたのでしょうか?あるいはすっぽり下へ降ろせる構造になっているとか?

投稿: jo3jye/3 | 2009年9月29日 (火) 21時54分

ややこしいことしなくとも、3角トラス構造の間を簡単にくぐり抜くことができます。取り付け時も横から滑らせるようにね。タワーは、クリエイトのKT-18Rという自立です。

ロータを取った後、3方向からロープで縛っておき、なおかつトライバンダーのブームをタワーに針金で縛りつけ回転しないようにしています。大風が吹くとヤバイですけど。

投稿: JF3DRI | 2009年9月29日 (火) 23時09分

深く考えすぎてました。ウチのタワーだと横にずらして抜き出すのが難しい構造なので・・・確かに、足下が固定されていないので、強風が吹くと不味いですね。
15年ほどしか使っていないけど、少し前から回転音が部屋にいても聞こえるようになってきました。ローテーターを降ろして様子を見るべきかどうか?悩んでます。

投稿: jo3jye/3 | 2009年9月30日 (水) 11時14分

貴ブログのアンテナ関係の記事をみました。タワーはクランクアップで、四角ですね。それと、ローターのあるところはかなり細くなっているようで、これじゃ確かに取り出せませんね。ウチのタワーは、ローターのある所で1辺40cmの三角です。

>15年ほどしか使っていないけど

う~ん、スイッチを押してスグに回らないようだと、メンテした方が良いと思います。一番の問題は、グリスの耐用年数で、エンジンオイルを交換するのと同じイメージ。
エモト1105のモーターは、交流モーター(クマトリ)なので、ロックしても焼けることはなさそうですが。

投稿: JF3DRI | 2009年9月30日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/46331803

この記事へのトラックバック一覧です: ローテーターの分解メンテ(その1):

« 耳のリハビリ・・和文CW | トップページ | ローテーターの分解メンテ(その2) »