« セラミック管は敬遠しがち | トップページ | 真空管ソケットいろいろ(受信管編) »

2009年7月12日 (日)

タマの中身

Fill2 Eimacの解説書からフィラメントの写真。これは、Bar tungsten filament と解説があった。
 前回の記事でのセラミック管は5F65Rの除いて全て傍熱管なので、この形式じゃないけど。

電極の構造からして4CX10000Dとかの大型管なんでしょうか。


Fill1 こちらは、Mesh tungsten filament と解説があった。


Fill3 ちなみに、4-65A, 3-500Zなど多くのガラス送信管は、この形式 Spiral tungsten filament です。


その他、実際にカチ割った写真は  ココ や ココ (W8JIのページ) にあります。壊れたの物ね。

|

« セラミック管は敬遠しがち | トップページ | 真空管ソケットいろいろ(受信管編) »

真空管」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/45606548

この記事へのトラックバック一覧です: タマの中身:

« セラミック管は敬遠しがち | トップページ | 真空管ソケットいろいろ(受信管編) »