« 管面が紫色に発光 | トップページ | 火災報知器もう設置しましたか? »

2009年6月 8日 (月)

親父の作品 UZ-42 ppモノラルアンプ 

たぶん、50年前近くなると思われる親父が作った「 UZ-42 Push-Pull AMP AMチューナ付 」アンプに火を入れてみました。
42_full1


あちこち接触不良があったけど、少し手を入れるだけで動作するようになりました。
(不安定ですけど、あえて現状維持、部品交換とかしない方針で・・・。)

42_amp1

42_amp2_2


まずは、アンプ部に使っている真空管

 ・出力管   UZ-42 (NECとマツダ)    x 2   (Push-Pull)
 ・初段管   12AX7 (MATSUSHITA)  x 1
 ・位相反転   6SN7GT (マツダ)         x 1
 ・整流管   80 (NEC)                     x 1

ST管、GT管、MT管のごちゃまぜだけど・・・。多分、手持ちの活用なんでしょう。トランスは、山水のOPTと、インスタントのPTを使ってあります。

42_amp3 配線は必ずしもキレイとは言えません。少しハム音もあるけど、これも味のうち。

しかし、50年も経つコンデンサ、抵抗が正常に動作しているのは驚きであります。


次にAMチューナ部

42_tun142_tun2


使っている真空管

 ・周波数変換   6BE6   x 1
 ・中間周波増幅  6BD6   x 1
 ・同調表示      6E5     x 1

言うなれば5球スーパーと同じですが、特長は、IFTの帯域を切り替えるスイッチが付いており、少しでもHi-Fiを狙ったものとなっていることです。あ、それから検波はGeダイオードを使ってありました。

42_tube 出力管のズームショット。ST管、なかなかアジがありますねぇ~。
音質の方ですが、「昔の音」ですホント。なんというか、NFを掛けていないようで、ダンピングが悪いビンビンした感じてすが、AM放送を見直す(聴きなおす)音がします。


<おまけ>

42_accable 使ってあるACコード。コレが一番年代を感じます。劣化でショートしないか、気がかりですけど。

|

« 管面が紫色に発光 | トップページ | 火災報知器もう設置しましたか? »

管球式オーディオアンプ」カテゴリの記事

コメント

おぉぉぉぉ!
これは素晴らしいですぅぅぅ!

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2009年6月 9日 (火) 21時25分

これはもう博物館ですね。
42は色んな事を教えてくれました。
それからマジックアイ・・・6E5でしょうか。
ST缶スーパーラジオにはラジオエレクトロニクスの源を感じます。
しかしそれは我々の世代まででしょうか・・・。

投稿: JH2CLV@望月 | 2009年6月 9日 (火) 22時27分

 自分が息子たちに遺してやれるものは何かあるかな…とふと考えてしまいました。。。

投稿: JI3KDH | 2009年6月10日 (水) 20時46分

4人兄弟ですが、親父から少しばかり血を引き継いでいるのはワタシだけです。世代が代わって、ワタシのムスメ達は全く興味を示しません。(当たり前かぁ~)作った物が残ったとしても、結局は粗大ゴミなんでしょうね。

それから、今の電子機器、50年も先で実用的に動作するものって無いでしょうね。

投稿: JF3DRI | 2009年6月10日 (水) 21時23分

こんばんは
西村様
つい 反応してしまいました、
懐かしい風景に出会ったようです

UZ-41 マジックアイ

那覇

投稿: Vic Taira | 2009年6月10日 (水) 23時27分

今のAMラジオもプリエンファシスを掛けて(実態は帯域分割のリミッティング)ガチガチに加工してますから、こういうラジオで聴くと少し耳障りな音になるかもしれませんね。
どんな音がするのか私も聞いてみたいものです。

投稿: jo3jye/3 | 2009年6月11日 (木) 08時34分

Vic Tairaさん、これらの真空管名称でクラッとくるということで、ご年齢の推察が容易ですHi。「初歩ラ」「ラ製」の世代のため、もうST管は製造中止になっていましたが、何台かのラヂオを修理したり、壊したりした覚えがあります。

出羽さん、AMラジオの音が違って聞こえるのは、チューナ部のせい(IF帯域が広いから?、群遅延が少ないから?)なのか、アンプ部のせいかわかりません。ただ、耳障りな音には聞こえないです。アナウンサーが喋る「さ・し・す・せ・そ」音、耳に付かないです。ストレートラジオが最も音質的には良いのでしょうか。

投稿: JF3DRI | 2009年6月11日 (木) 21時58分

初めて 半田ゴテを握ったのは
小学五年の頃でした。
昔話を始めると長くなります
また 年がばれますね

豪雨の那覇より
 

投稿: Vic Taira | 2009年6月12日 (金) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/45279537

この記事へのトラックバック一覧です: 親父の作品 UZ-42 ppモノラルアンプ :

« 管面が紫色に発光 | トップページ | 火災報知器もう設置しましたか? »