« 少し進歩かな・・・ | トップページ | タマが不良なんかなぁ~ »

2009年4月26日 (日)

効率が悪いけど

2200_1 こわごわ、電圧を上げてみました。トランスのプライマリー側110V端子を直列に、そしてセカンダリーを1800V端子にしてですが、初めてのAC200V採用であります。これで、約2200Vが出てきました。
発振は起こらず大丈夫だったので、特性を取ってみた。


Image2_2 30Wを入力して取ったデータが左表。効率が50%に満たなくどうも悪い。ゲインは10dB以上は取れているので、前回より確実に良くはなっているのだけど・・・。(Sg電圧は400Vで。)

Image1_5 入出力をグラフにしてみた。これはまあまあのリニアリティを持っている模様。まだ飽和していないので、もっと入力をつっこんでもいいのかしら??


2200_tube 380W出力時のプレート赤熱ぐあい。4-250Aを使っているので、スグに赤熱するけど酷くはない。


2200_spe スペアナ波形。なぜだか、第4高調波が大きくなってきた。ただし、プレートVC、ロードVCの調整により、これらの値は、大きく変化する。


<課題とこれから試してみること>
①Sg電圧、どこが最適なのか良くわからない。
②Sg逆流現象は見受けられないのは何故?
③CgとP間のシールドしていないけど発振しない。
④プレート電圧の更なるアップ。効率は良くなるか?
⑤5F23/4-400Aへの交換

進歩はしたけど、はっきり言って、4極管はむっちゃめんどうです。

|

« 少し進歩かな・・・ | トップページ | タマが不良なんかなぁ~ »

4-400A PPアンプ製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/44795334

この記事へのトラックバック一覧です: 効率が悪いけど:

« 少し進歩かな・・・ | トップページ | タマが不良なんかなぁ~ »