« 真空管だけじゃないよ | トップページ | 背面パネル加工 »

2009年2月21日 (土)

Sg安定化部を組む

Sg_power 間違いと、改良を行ったので回路図を再度アップ。ブリッジダイオードも、この電圧だと2直列にしなくとも十分であることを算出し、下記の理由もあり単体4本となっています。(IN4007 1000V, 1A)


Sg_unit 上記の回路を1枚の穴あき基板に組んでみました。手持ち部品を活用したこともあって、思っていた以上に部品スペースが必要、きちきちとなり、もう1ランク大きなものにした方が良かったようです。
と、言っても後の祭りで、組み直しや、買いにいくのはメンドウなので、詰め込みました。実は、裏面にも部品がくっついています。

|

« 真空管だけじゃないよ | トップページ | 背面パネル加工 »

4-400A PPアンプ製作」カテゴリの記事

コメント

なるほど、先日のケミコンはSg用だったのですね。
うちの829BのSg安定化には0B2x2でやっております。
かわいいもののですが。

投稿: JF3LOP | 2009年2月22日 (日) 17時36分

確かに、アレの中から使いました。他にも330μ 450Vが10本近くあるので、HV平滑用をもうひとつ作ってみようかととも。
固定の安定化電源なら定電圧放電管という手もありますが、電圧を可変したくてこうなりました。OB2はオレンジ色だったっけ?VR150MTは紫色でした。

投稿: JF3DRI | 2009年2月22日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/44130793

この記事へのトラックバック一覧です: Sg安定化部を組む:

« 真空管だけじゃないよ | トップページ | 背面パネル加工 »