« トランスの重量と容量の関係 | トップページ | さぁ電源の製作だ! »

2008年12月 6日 (土)

スプリアス測定(FT-655編)

ようやく、スペアナの使い方が解ってきたので、試しにFT-655のスプリアス測定してみました。

Dummy_a まずは、自作したダミーロードに微小電力を検出する回路を入れました。といっても、5列にしてある最後の抵抗をさらに2.2kΩと47Ωで分圧し、47Ωの両端をピックアップし、BNCレセプタクルをつけただけです。

方向性結合器を用いる方法もありますが、周波数特性を持つので直接の取り出しです。


Ft655_1 測定風景。ダミーからのケーブル(RG-58A/U)が長いのについては他意はございません。


Ft655_50m スパンを20MHz~500MHzとして、まずは50MHzの測定。非常に優秀です。真ん中あたりに少し見えますが無視できるレベルです。測定は全てCWモードのフルパワーで。


Ft655_28m 次に28MHz。200MHz近辺に1つありますが、50dB以下で問題なし。


Ft655_24m1 続いて24MHz。近傍に何かあるので拡大です。


Ft655_24m2_2 3倍高調波の73.5MHzでした。50dBを切るか切らないかのレベルですが、問題はなさそうです。ちなみに基本波に近いところにある次の山が、IFの13.69MHzをプラスしたもの。次の山は、第2高調波のようです。


特に50MHz帯の実力が優れているのはTV 2chが存在する関西では望ましいことです。(地デジに移行すれば関係なくなるれどね)

|

« トランスの重量と容量の関係 | トップページ | さぁ電源の製作だ! »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/43335710

この記事へのトラックバック一覧です: スプリアス測定(FT-655編):

« トランスの重量と容量の関係 | トップページ | さぁ電源の製作だ! »