« オフ・ディレー回路 | トップページ | 平成ガソリン騒動 »

2008年4月29日 (火)

オフ・ディレー回路(完)

Fan_delyfix 結局のところ、トランス電流容量の都合で、2つのトランスを使う回路としました。

いろいろと実験して決めたR1とC1の値は・・・

 R1 = 10kΩ C1 = 3300μF
 ディレータイム = 2分30秒

となりました。

写真は、実験中のショットですが、別基板となっていまい、ごちゃごちゃして不細工になってしまいました。でも、一定時間後にちゃんと停止し、思い通りに動作するのは気持ちのいいもんであります。

|

« オフ・ディレー回路 | トップページ | 平成ガソリン騒動 »

4-400A PPアンプ製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/41031386

この記事へのトラックバック一覧です: オフ・ディレー回路(完):

« オフ・ディレー回路 | トップページ | 平成ガソリン騒動 »