« 並べてみる | トップページ | 単なるセトモノなんですが »

2008年1月27日 (日)

Amperex 3-500Zは健在!

気がかりだったけど、大丈夫だった。

500zamp500zeimac_2  

  

  

  

  

  

  

Amperex 3-500Zをテストしてみました。左上写真のように、放電も無く、大丈夫でひとまずは安心です。

ちなみに、この状態でプレート負荷は約320Wです。Amperexは「赤熱しないよ」と聴いていたのですが、ご覧の通りです。ただ、同社5F23(4-400A)の時と同じく、いや遥かに「熱慣性」が大きく、5分ぐらい連続負荷を与えることでぼぉ~っと赤くなってくるイメージです。左はEimacで全く同じ負荷をかけて赤熱ぐあいを比較しました。確かにEimacの方が部分的には高温。

また、非常に冷めにくいです。一旦、赤くなるとカットオフしてもなかなか元に戻らない。フィラメントを切ってもプレートだけ赤黒いという状態にもなります。まるで、備長炭。よって、こいつのオフディレーは長めの方がよさそうです。

#こんなことばかりしているから、製作が一向に進まないぞ。

|

« 並べてみる | トップページ | 単なるセトモノなんですが »

真空管」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/17855138

この記事へのトラックバック一覧です: Amperex 3-500Zは健在!:

« 並べてみる | トップページ | 単なるセトモノなんですが »