« コレなぁ~んだ | トップページ | Amperexをクッキング »

2007年12月13日 (木)

Amperexの5F23(4-400A)

オークションを見ているうちに悪いクセが出てしまいました。
購入したところは近所にある新生金属で、ご主人と十数年ぶりのアイボールになりました。事務所に直接お邪魔したのですが、まだまだ在庫がごろごろ。1時間程度、いろいろとお話をさせていただきました。他にもいろんな送信管やリニアパーツがあり、長居してると散財しそうなので、また今度ということで帰宅。 ・・・てな訳であります。

5f23_1 Amperex製の4-400A・・・しかし何故だか日本の送信管名称5F23とマーキングされています。もう1本はパルス仕様の"P"が付けられていました。

見てのとおり、グラファイトプレートで、ひだひだはありません。

    

5f23_2 さっそくフィラメントを点火してみました。プレートが釣鐘状になっているので、上部からフィラメント明かりの、おこぼれは全く見えません。
 
 
 
 
 
 
 
 
5f23_3 下部からフィラメントの輝きを撮影。露出をかなりマイナス側に振ったところ、スパイラル状のフィラメントとグリッドが見えました。

で、さてこれをどう料理するか・・構想だけですが50MHz Push-Pull GGアンプ に挑戦したいと考えております。

|

« コレなぁ~んだ | トップページ | Amperexをクッキング »

真空管」カテゴリの記事

コメント

 GG-PPとはまたツウですなぁ。小生のようなシロートなら、GKで入力側は抵抗で食わせて、単なるパラ運転…になるんですが、もちろんGG-PPもやってみたい課題ではありますね。

投稿: JI3KDH | 2007年12月16日 (日) 11時56分

望月さんとのBBSでも触れたように
http://home.comcast.net/~nwilson343/amps.html
のPPアンプがあまりにも魅力的だったので、触発されました。Norm氏は全てのバンドに対して独立した複数のPPアンプを自作するといったプッシュプルにこだわりを持ってらっしゃるようです。HFのようなマルチバンドだと、やりにくいですが、50MHzモノバンドだと有効性があると私も考えます。ただし・・・
 ・タンクコイルに直接高圧が乗るため、感電防止対策をしないと大変危険
 ・バタフライバリコンのロータをアースして使う場合、耐圧がシングルと比較して2倍必要。
 ・ロータをアースしない場合だと、軸に高圧が掛かってしまし、シャフトカップリングで絶縁必要。
 ・入力側の低インピーダンスPPドライブ回路をどう構成するか。
など、シングルと比較して難しい点も多いです。


投稿: JF3DRI | 2007年12月16日 (日) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/17352871

この記事へのトラックバック一覧です: Amperexの5F23(4-400A):

« コレなぁ~んだ | トップページ | Amperexをクッキング »