« ロシアからの大型ガラス球 | トップページ | 4-400Aは代用できるか(2) »

2007年6月30日 (土)

4-400Aは代用できるか(1)

手持ちの4-400Aが3-500Zの代用として動作するかTL-922で試してみました。

その1 ・・・ 外観の比較

4_400x2新たに入手できたのは右側、東芝製です。Eimacのと比べるとずいぶんプレートの形が異なります。古いEimacのデータを見ていたら東芝製と同じような形状をしたのも有ったようですが。

とりあえずは、この2本を使って3-500Zの代用として、どれぐらいの能力を出してくれるかを見ることとしました。

基本的な知識として

・4-400A  ・・・ H=5V 14.5A, Pp=400W Tetrode

・3-500Z ・・・ H=5V 14.5A Pp=500W Triode

3極と4極の違いがありますが。ヒーターは同じ。代用して使えるかです。簡単に両者の履歴でかすが、4-400Aの方が歴史が古く、アマチュア無線家がSSBのリニアアンプとしてGGアンプを好んで使うようになったので3-500Zが開発されたようです。どちらも本格的な送信管ですが、4-400Aの方がプロの放送局や船舶無線機に使われる事が多いようです。

500z_400a こちらは3-500Zと並べて撮影したショットです。4ダッシュ系特有の金属製ハカマが3-500Zにはありません。また、ピンからプレートトップまで、少しだけ4-400Aが高いのがお分かりかと思います。

3極管と4極管という最も大きな違いはあるけど、ソケットは同じ、ピン配列はGG(ベタコンGG)で使う場合、3-500Zと共通となるのでそのまま差し替え可能となります。

|

« ロシアからの大型ガラス球 | トップページ | 4-400Aは代用できるか(2) »

リニアアンプ」カテゴリの記事

コメント

 (1)ということは続編ありですね。実は先日この件について某MLで流れてましたが、その内容(小生も納得)については続編でご紹介させていただきましょう。

 それにしても、のっぽさんお断りの922に入ったんかな?

投稿: JI3KDH | 2007年7月 1日 (日) 08時24分

あ、やっぱり同じこと考えている人いるんですね。深く追求しませんでしたけど、じゃ、結果はだいたいわかっていらっしゃる事と思います。4-400Aのエージングと動作確認、お遊びを兼ねてということで続きを見ていただければと思います。

投稿: JF3DRI | 2007年7月 1日 (日) 10時09分

私の勤務先にある予備送信機(球式です)も中間段に5F23Aがはいってます。
電気的には4-400Aですが、ソケットがN○C製の特殊な物のようです。なので、残念ながら3-500Zのソケットには入りません。廃棄になったら5F23Aは全数引き上げようと画策していますが、いつになるやら・・・hi

投稿: jo3jye/3 | 2007年7月 1日 (日) 19時42分

現用でもまだ、使われている!! 5F23Aはプレートがグラファイトの横ヒダやつ(グラファイトじゃないのもあるらしいが)で、なおかつハカマが無いタイプですね。

実働しているところを見学してみたいです。多分、プレートは赤い状態だと思います。

このページ
http://hawkins.pair.com/atcitynj.shtml
のココ
http://hawkins.pair.com/atcitynj/atcity14b.jpg
みたいな感じかな。

投稿: JF3DRI | 2007年7月 1日 (日) 22時56分

その通りです。袴なしです。
実装は、本体がすっぽり入る大きさのガラス製チムニーの中です。
動作中の色もその通り、プレートが見事に真っ赤です。(白くオレンジに近い色だったかな。)溶けそうな感じですが定格動作みたいです。機会があれば、こっそり動作中の写真を撮ってきます。ただ、扉の狭いガラス面から覗くので上手く写せるかどうか?分かりませんが。(扉を開けるとインターロックで高圧が落ちますので)

投稿: jo3jye/3 | 2007年7月 2日 (月) 23時13分

 合法的に見学会というのは、やっぱり無理でしょうか? 身内限定とかで。

投稿: JI3KDH | 2007年7月 3日 (火) 01時11分

てっきりAM放送用送信機は固体化が終了し、それもハリスのPWM変調方式になっていると思ってました。まだ現役・・・とう事は、まだ保守用として送信管が残っているんですよね。まぁ、一部の送信管は東芝がまた製造しているようですが。

ちなみに
http://www.transmitter.be/ にいろんな送信機がありますが、この中にあるかな。4-400Aで検索できるようになっているけど。

もうひとつ聞きたいことは、深夜に停波するとき、フィラメントはどうしているか・・・です。アマチュアのように切ったり入れたりはしないですよね。(支障がある場合、コメントは差し控えてください)

投稿: JF3DRI | 2007年7月 3日 (火) 23時28分

いやいや、今では全固体が基本です。(民放が扱う電力での話)最後の真空管世代機も予備機の役割を終えて更新され、現役で稼働する物はかなり少なくなっているはずです。(確か、100kWクラスもここ10年強で全固体化してます。)

ハリスのPMW方式も実はもう一世代前の手法です。今の主流はカーンのデジタル変調をアレンジした方式が一般的です。この方式は、終段能率も含めた総合電力能率、故障時の損害といったいろいろな面でPWM方式よりメリットが多いようです。

 放送休止中の扱い。各社でバラバラだと思われます。放送終了とともに送信機を止める社もあれば、無変調のまま動かしている社もあります。シングルトーンを流す社もあったり。停止しない場合、いつでもニュース速報を送出できるメリットがあります。(わざわざ起動しなくていいから)私の勤務先は、原則無変調です。
 もし止めるなら、球の場合ヒーターまで切ります。通常運用中でも、ランニングコストと維持労力の点からヒーターOFFが一般的ではないかと思われます。(制御ロジックに一定条件を持たせて、予備機のヒーターを自動起動するのが普通と思われます)

#某公共放送の場合どうしているか分かりませんけど。

投稿: jo3jye/3 | 2007年7月 4日 (水) 20時42分

 待ってました! 某公共?放送局も、その地方によって運用は違うと思い伸すが、小生の知る限り真空管式送信機(もちろん予備機)はフィラメントまで切られているのが普通でした。っというか通常の運用では高圧すら投入されていないみたいでしたよ。もう関わっている方々の中でそこらまでご存じな年代はごく僅かなようでして。ま、「しょうがない」ことですね(^^;

 合法的な見学会、期待してますよぉ!(^^)

投稿: JI3KDH | 2007年7月 4日 (水) 21時26分

「カーン方式」ってAMステレオのことだったっけ? また違うのかな。調べておきます。

フィラメントの件ですがいEimacの技術者だというKK5DRのWeb
http://www.kk5dr.com/Tubes.html に

Fact: Broadcast radio/TV stations keep all their final
    amp tubes running with filament current, at all
    times, for two reasons.

 1. To keep the tube ready for instant use, should
    the other tube fail.

 2. To keep internal contamination to a minimum.

と記載されていたので、つけっぱなしなんかなと思った次第です。(その方が寿命が長くなるような事を示唆している)

このページは、送信管の扱いに関して非常に参考になります。

「長期間保管しておいた新品の送信管を入れてチューニングするとBANG!。これを防止するには、スペア球をローテーションしながら使うのが良い」 ・・・ なるほど。

投稿: JF3DRI | 2007年7月 4日 (水) 23時05分

なるほど。球のことを言えばそうですね。通常ヒーターOFF状態ですが、予備機の起動命令発行条件がいくつかあるので月に数回はヒーターONとなっているのが現実でしょうか。そのときは、エージングも兼ねてしばらくヒーターONのまま置いてます。

 予備機は休止中に試験放送で動かしたりしてます。(大抵はダミー相手ですが)一応自社の場合、音を聞けばどちらの送信機が動いているか?分かります。

 ヒーターをつけたままは球のためには良いだろうけど、冷却系の摩耗による作業量の増加や待機電力増によるランニングコストの増加を考えると、特殊な事情がない限り常時ヒーターONは出来そうもない感じです。

 合法的な見学会ですか・・・う~ん、それはやっぱり無理です。最重要機密の一つですから私の立場ではどうにもなりません。ご勘弁を。

投稿: jo3jye/3 | 2007年7月 5日 (木) 08時06分

トータル的なランニングコストを考えるとそうなるんでしょうね。了解しました。

過去、NHK三原送信所のメンテナンスに同席させてもらったアマチュアがいましたが、今はどうなんでしょう。

投稿: JF3DRI | 2007年7月 5日 (木) 22時04分

 出羽さん了解です。ダメ元で申し上げたまでですので、どうぞそない気になさらないで下さい。

 放送機については各所ですぐそばまで寄らせていただくことがあるんですが、どこで見ても大して変わりはない(当たり前)、ほとんどすべてが固体化されてて、なんせファンの音がやかましいなぐらいしか印象がありませんので、最重要機密なんて感覚はありませんでした。でもまぁ外部に漏れるとテロの標的などにはなりやすそうですね。また何か面白い裏ネタがあれば、オフレコの席ででもよろしくです(^^)

 西村さん、三原は美原のことかな? 10年くらい前までは関わらせていただいてたこともあったんですが…詳細は忘れました。覚えていても書けませんが(^^;

投稿: JI3KDH | 2007年7月 6日 (金) 04時58分

漢字が誤ってましたね。そう、羽曳野市(松原市?)の送信所です。もうう学生の時代だったんですが、見学した者から聞き、覚えていることは

・タンクコイルのパイプに水を流して水冷している。
・巨大な変調トランスから放送音声が聞こえる。
・アンチフェージングアンテナの中心は空洞になっていて階段が
 あり上っていける。放送中でも登っていける。但し、窓から顔を
 出してはいけない。(表皮効果)
・アンテナは、でかい碍子に乗っかっている。
・アース線は、合計すると何キロメートルにもなる。

投稿: JF3DRI | 2007年7月 6日 (金) 22時29分

変調トランスやチョークコイルから音は聞こえます。度合いはいろいろではっきり聞こえる場合やモガモガ言って何となくわかる場合と・・・後者なら全固体送信機のシャーシの継ぎ目やタンクコイル、同調舎の整合コイルからも聞こえたり。

 アンテナがでっかい碍子に乗っているのは「基部絶縁式」と言う構造のアンテナ。昔はこのタイプが普通でしたが、今は碍子に乗らないのが普通です。
 基部絶縁式は、塔体の全加重が碍子に乗っているだけの構造なので直下型地震に弱いのではないか?という説もあるらしいです。(阪神淡路の震災以降の話)

 ラジアルアースは5度間隔ぐらいで埋まっているだろうから、かなりの長さになると思います。

投稿: jo3jye | 2007年7月 7日 (土) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/15607525

この記事へのトラックバック一覧です: 4-400Aは代用できるか(1):

« ロシアからの大型ガラス球 | トップページ | 4-400Aは代用できるか(2) »