2019年11月 9日 (土)

nano VNA

流行りの安価で購入できるnano VNAで遊んでいます。

<いろいろ測定>
Vna_c
68pFのコンデンサを接続してスミスチャートを描かせてみました。
教科書どおり、一番下の円周に軌跡が現れます。
Vna_l
適当に巻いたコイルを接続してみます。
こんどはスミスチャートの上の円周に軌跡が現れます。
ちゃんと動作している証拠。
Vna_lpf_20191109123801
LPFを見てみます。
Vna_lpf2
TG付きスペアナで見たのとほぼ同等な特性測定ができました。
Vna_xtal
自作のラダー型クリスタルフィルターを見てみます。
Vna_xtal2
これも問題無く測定できます。狭い帯域でも測定できるので高級なTG付きスペアナは必要なさそうです。
Vna_ant
1.9/3.5MHzのスローパー、表示をSWRとして測定してみました。
ちゃんと2つ共振点がわかります。
一般的には、このアンテナアナライザーとしての使い方が一番多そうですね。

<いろいろ改良>
Vna_kai0
アリ・エキスプレスで購入したものですが、入力部にシールドが付いていないハズレ品でした。
シールド付きのは、高域で特性が良いようです。

<電池残量表示の追加>
ダイオード取り付けとファームのアップデートで電池残量表示ができるようですのでやってみます。
Vna_kai1
Vna_kai2
コネクターが邪魔(コネクターが付いていない個体も有り)なので取り外し、ダイオードD2を取り付けます。

<ファームウェアアップデート>
1.5GHZまで使えるようになるものとか、いろいろあるようですが、高いところは使わないのと信用できないので、900MHZまでのアンテナアナライザー向けのファームを入れることにしました。

GFUモードにするとか、STマイクロから専用ツールをダウンロード必要とかありますが、そのあたりは省略。
Vna_kai3
Vna_kai4
無事にアップデート完了しました。

画面が小さいですが、結構遊べます。

| | コメント (4)

2019年11月 7日 (木)

VP6R

FT8のみですが、ぼちぼちQRVしています。
VP6Rは160mのみできませんでした、すべて100W運用 です。

Vp6r_5

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

200Wを超える局の新スプリアス規格対応

【200Wを超える局の新スプリアス規格対応】

まだ時間はありますが、そろそろ準備しなければならないと思いつつ、ネット検索しても情報が錯綜していてわからないため管轄の近畿総通に電話で聞いてみた。


◆当方の送信機は下記の通り

1.1.9~28MHz (500W) 旧スプリアス規格
2. 50MHz (500W)旧スプリアス規格
3. 50MHz AM専用機(10W)
4. 1.9~50MHz (100W)新スプリアス規格

【回答】

1. 再度検査を受けていただくのが最もこのましい。

2. 個人でスペアナを利用して測定しその値を添付してもかまわない。ただし、スペアナは校正してあり1年以内であること。

3. 4の新スプリアス機に現用リニアアンプを接続するように変更は可能だが、それで新スプリアス規格OKとするかはまだ明確に決定していない。今後スペアナでのデーターを提出願うこともありうる。

4. 関東総合通信局はリニアアンプを指定して新スプリアス対応の判定としているがあれは関東独自であって全てはそうではない。(電話の声が幾分荒げていた)

3.の対応で完結できると考えていたのだけど、それだけではダメな模様。・・・うーん、どうしようかな。
個人的にスペアナ持っているけど、機関での校正料金はかなり高額となる。20年以上前のスペアナなので、果たして校正してくれるかどうかもあやしい。校正されたスペアナを安価で借用できれば良いかなとも。

Sprius1

校正されたスペアナを入手したとして、どんな書式で報告すべきなのかを総務省のWebで調べてみたところ図のようなWordファイルが出てきた。これを眺め気がついたことは「帯域内領域におけるスプリアス発射の強度」を書く欄がある。

Sprius2  
「帯域内領域」とは信号近傍不要輻射であり、要するにSSBだと近づくとバリバリ「広がってまっせ~」やCWでキークリックが酷くて離れていてもパサパサかぶってくるアレである。さて、これをどうやって測定するのかよくわからない。リニアアンプで云うIMD特性 -30dBとかとも異なる。JARDのスプリアス認定でも、これは測定していないのでは?? とも。

また問い合わせてもよいのだけど、なんかヤブヘビになりそうなのでやめておいた。

200Wを超える局はTSSもJARDも、そしてJARLも無視状態、自分でどうにかしてくださいと放置プレイなので困ったもんです。

※「校正」という漢字を使いましたが、電波法的には「較正」が正しいようです。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

修理受付中止と当ブログの今後に関して

ずいぶんと体調は良くなってきたのですが、まだまだ本調子に戻らないため修理受付を中止しておりますのでご了解願います。当ブログ記事に関する書き込みに対するレスポンスも返すことができません。

私が陥ってしまったのは「ベンゾジアゼピン離脱症候群」というもので、いわゆるマイナートランキライザーの長期服用で自律神経が侵され、地獄の日々が続いてました。もうダメだ生きていても仕方がないという猛烈な抑うつに襲われ、人間としてもう生きることができないと覚悟した時期もありました。「長期間服用しても安全ですよ」の医者の言葉に騙され1年間以上、苦しみに耐えなければならないハメになったということです。また、ベンゾジアゼピン離脱症候群を治療するにはベンゾジアゼピンしかないということも。

「早く良くなってください」のお言葉はご遠慮願います。
それが一番つらいのです。

当ブログもほったらかしなので、ずいぶんと雑草が生えて荒れ放題になりつつありますので、時期をみて閉鎖を考えています。ネットメディアでの情報発信は、全てFacebookやMeWeへの移行も視野に置いています。

| | コメント (7)

50MHz アンテナ復活しました。

ずいぶんと時間があきましたが、ようやくローカル局の力を得てアンテナを揚げることができました。私の体力が元に戻らないのと相俟って、台風で破壊されるのに懲りたので、シュリンク方向とすることとし、9eleの残骸と、同じ台風で壊され撤去した7eleの残骸をいただきニコイチで、あらだに7ele (SS-76DX) としました。

New_ant

| | コメント (2)

2018年9月 5日 (水)

台風21号

30年以上使い、6mDXCC完成, そしてたくさんのコンテスト入賞に貢献してくれたアンテナ ナガラSS-96。幾度の台風にも耐えたが今回はダメでした。

      長い間ありがとう。

Ss96

Dscn7153_1


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

修理の受付をしばらく中止致します。

いつもご来訪いただきありがとうございます。

体調不良のため、しばらくの間、修理の受付を停止させていただきますので、ご了解の程お願いします。なお、現在受け付け済分につきましては、順次対応させていただく予定です。

以上よろしくおねがいします。

JF3DRI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

TS-520X100W改 Sメーター振り切れる

520_00

久しぶりのTS-520X 100W改の修理依頼がありお預かりましました。Sメーターが振り切れて受信不能とのこと。その他、送信系もドライブ不足らしき症状があるとのことです。大切に使われていたようで、非常に美品です。

520_01

お預かりした520は、最も初期型で、ダイヤルスケール部の照明が付いていません。また、サブの目盛り板は、削りだしの分厚いものが付いています。このカタチは初めてです。

520_02

Sメーターが振り切れるとのことで、IF UNITのAGC系を、細かく診たのですが原因がわかりません。ただ、デュアルゲートMOS のバイアス電圧が低いのは確かです。
写真の通り、あちこち触ってありSメーター調整用のVRも交換してあります。

520_03

時々、受信できる時もあると症状に加えられていたので、あちこち軽くショックを与えていると、FIX.CH AVR UNITで一瞬感度が上がることを発見。バイアス用3.3Vを設定する交換されたトリマポテンションメーターが原因であることをようやく突き止めました。

520_04

ハンダ付けは問題ありません。しかし、原因であることは、間違いありません。

520_05

外してみてようやく・・・。
ごらんの通り、摺動電極がはんだ付けされておらず、巻き付けてあっただけで接触不良を起こしていたのです。
きっちりとハンダ付けし、元通りにしたところSメーターの振り切れはなく、受信が復活しました。

送信系も再調整したのですが、ハイバンドでドライブがかかりにくいのは確かなようです。12BY7Aを交換したりしたのですが改善せず、これは仕様なのかが良く分からなく、とりあえずは80W程度は出るので、これでOKと判断しました。ファイナルのS2001が劣化している可能性も。

古い機種に良かれと、手を加えむやみに部品交換すると、このように2次被害が発生し、修理をよけいややこしくすることは良くあることです。よって、当方は「交換しなくとも良い部品は極力交換しない」という方針でやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

FT-901DM 周波数ふらつき送信できず

901_00

FT-901DM 初期型、お預かりしました。

①周波数がふらついたり、飛んだりする。
②ヒューズが飛ぶことがある。


とのことです。①については、詳細な変動データーを事前に測定していただき、単なるVFOドリフトではないことを確認させていただきました。

<周波数のふらつき>

901_01

周波数が動いて、また元に戻ったり、すごく不安定なのを当方でも確認しました。VFOの電源系を調べていたのですが、RITスイッチに偶然触れると大きく動くことを発見、故障内容が見えました。RIT ON状態だと変動しません。
はい、RITスイッチの接触不良が原因でした。
<ヒューズが飛ぶことがある>

901_02

まずRECT A 基板を見ると・・・
派手に抵抗が焼損しています。この状況、以前にもありましたので、不具合個所はスグに理解できました。

炭化してもオープン状態にならなかったので被害がより大きく・・・。

901_03

はい、YAESUブランドのキャラメル型マイカコンデンサーのショートです。12BY7Aのプレート電圧300Vが、6146Bバイアス回路に流れ込んでこうなってしまったということです。

901_04

被害は、バイアス調整用半固定VRにも及んでいました。このカタチの大きい半固定抵抗は、入手が困難です。

さて・・・・。

901_05

手持ちのパーツボックスをかき回して、1個だけ見つけました。少し小さいけど、バイアス電流などを計算し、電力容量的には使えることを確認しました。

901_06

リード線の切れ端で延長し、取り付けました。

しかし、まだパワーが出ません。正確には1W程度出ているようですが・・・。
ドライブ回路を調べていくと12BY7Aのプレート電圧が、殆ど無いことが判明しました。

901_07

RECT C 基板を見ると・・・。
こちらの抵抗も派手に焼損してしまってます。ここまで被害が及んでいるとは当初思いもよりませんでした。

901_08

マイカコンデンサー絶縁不良が、抵抗4本、半固定抵抗1個を道連れに破壊してしまったという結論になりました。

ドライバー管12BY7Aは、プレート電圧が無くてスクリーングリッド電圧のみという、あってはならない状態(Sgが焼損してしまう可能性がある)で、不良の懸念もあったのですが大丈夫でした。

その他、28MHz帯の100W化、マーカー周波数の再調整、その他チェックを実施し、24時間エージングして完了としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

HL-1KFX ヒューズが飛ぶ

1kfx_00

THP HL-1KFX ヒューズが飛ぶとのことでお預かりしました。

事前に、内部に付いているDCヒューズは飛んでいない、そしてそのヒューズを外した状態であってもACヒューズが飛ぶことを確認いただき、電源回路に問題があると断定しました。

①トランスのレアショート
②ブリッジダイオードの破損
③スイッチやACインレットの問題


が考えられます。

1kfx_01

AC回路のチェックは結構難しいです。これ、何をやっているかと申しますと、トランスの一次側に、低い電圧AC 14Vを入れてどのような挙動をするかを診ているのです。ブリッジ整流後のDC電圧は、この状態でも出てきました。
しかし、ブーンとトランスが唸る。ワニグチクリップが発熱するぐらい電流が流れることを確認。となると①か②です。そこで、ブリッジへ接続されているトランス二次側を仮にオープンにすると、その異常な電流が流れません。これで、②のブリッジダイオード破損(ショート状態)はほぼ確定です。

1kfx_02

手持ちに、ちょうど同じ形状の1000V, 50A ブリッジがありましたので交換したところ、ばっちり治りました。
破損した方はテスターで診ても良くわかりませんでした。

ブリッジダイオードの破損は初めてです。
高価なPower MOSが壊れていなくて良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«ミズホP-7DX 出力メーター振らず